牧師紹介

プロフィール

大場康司牧師

大場 康司

1952年、埼玉県大宮市(現さいたま市)に生まれる。早稲田大学法学部卒業後、埼玉県庁に就職。
1991年、埼玉県庁を退職、神戸改革派神学校に入学。卒業後、仙台栄光教会牧師、恵泉教会牧師を経て、2011年2月より、当教会牧師。

趣味は、「言葉」、読書、韓流ドラマ。

メッセージ

確かな人生

 あなたは人生に漂流していませんか。

 よく人生は、旅や航海に喩えられます。多くの経験をする中で、学び、楽しみ、時には労苦し、あるいは成長するかもしれない。よく似ていますね。神さまが与えてくださった貴重で、大切な人生の旅。ぜひ、流されることなく、確かな道を歩みたい。悔いのない人生を送りたい。誰もが、このような願いをもっていることでしょう。

 人生に羅針盤はありますか。羅針盤はどこを示していますか。その目的地で、間違いありませんか。新しい訪問先を訪れようとして、私はよく道に迷います。まるきり逆方向へ行ってしまっていたことが、後からわかったりします。同じ経験をされている方もいることでしょう。このような迷子は、どうということはありません。すぐ修正すればいいのですから。でも、人生の旅路で迷子になってしまったら、大変です。これが大変なのは、自分が迷子になっていることさえ、気がつかないでいることが多いからです。

 人生に目的はありますか。今、どこへ向かっていますか。不安や恐れはありませんか。喜びや希望がありますか。もし、これらの一つでも気になるようでしたら、人生で漂流し、迷子になっているのではないか。そう疑ってみる必要もあるのではないですか。人生には、ちゃんとした目的があるべきです。目的地へ着くことができないような生き方は、それだけでおかしいのです。

 また、自分らしい生き方ですか。自分の願っていた生き方ですか。誰かのお仕着せのような生き方ではありませんか。自分が選び取り、納得している人生ですか。自分らしく、自分が心から喜んで、納得した人生を送るのでなければ、与えられたこの人生はあまりにももったいないでしょう。

 主イエス・キリストを信じる信仰こそが、私たちを正しく目的地へと導いてくれる羅針盤です。主イエス・キリストと共に歩むなら、本当に自分らしく生きることができます。救われて、感謝をもって生きる。ここに喜びがあり、希望があります。

 ぜひ、教会の礼拝に出席してください。共に神さまを讃美しましょう。神さまをいつも仰ぎ見て、共に進んでいきましょう。その旅路を歩み行くあなたを、神さまが祝福してくださいます。

 「疲れた者、重荷を負う者は、誰でも私(イエス・キリスト)のもとに来なさい。休ませてあげよう」(マタイによる福音書11章28節)